2013年05月02日

EC2のhttpdでmod_rewriteが効かない

EC2にてyumでインストールしたhttpdでは、mod_rewriteが有効になりません。
原因はhttpd.confのAllowOverrideがNoneに設定されているからでした。

変更前:
<Directory "/var/www/html">
AllowOverride None
</Directory>

変更後:
<Directory "/var/www/html">
AllowOverride All
</Directory>


ラベル:httpd AWS .htaccess
posted by bob.san at 21:50| Comment(1) | AWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EC2でWordpressの管理画面が開かなくなった

EC2(VPC利用なし)で起動したサーバにWordPressをインストールしました。
その後、EC2を一度Stopして再起動後に、WordPressの管理画面を表示しようとしたところ、接続すことができませんでした。

AWSのEC2は起動のたびに異なるPublic DNSが割り当てられ仕組みとなっています。
そのため、今回のようにサーバを一度止めたい場合はデータベース上に記載されているホスト名を記述しなおす必要があります。

コンソールからMySQLへ接続
# mysql -uwordpress -p
mysql> use wordpress
Database changed

現状の設定値を確認
mysql> select * from wp_options where option_name = 'siteurl';
+-----------+-------------+----------------------------+----------+
| option_id | option_name | option_value | autoload |
+-----------+-------------+----------------------------+----------+
| 1 | siteurl | 前回EC2起動時のPublic DNS | yes |
+-----------+-------------+----------------------------+----------+
1row in set(0.00 sec)

mysql> select * from wp_options where option_name = 'home';
+-----------+-------------+----------------------------+----------+
| option_id | option_name | option_value | autoload |
+-----------+-------------+----------------------------+----------+
| 36 | home | 前回EC2起動時のPublic DNS | yes |
+-----------+-------------+----------------------------+----------+
1row in set(0.00 sec)

対象フィールドを今回起動時のPublicDNSへ変更
mysql> update wp_options set option_value = '今回起動時のPublicDNSのURL' where option_name = 'siteurl';
Query OK, 1 row affected (0.02 sec)
Rows matched: 1 Changed: 1 Warnings: 0

mysql> update wp_options set option_value = '今回起動時のPublicDNSのURL' where option_name = 'home';
Query OK, 1 row affected (0.02 sec)
Rows matched: 1 Changed: 1 Warnings: 0

これで問題なく管理画面が表示されるようになりました。
ラベル:AWS WordPress MySQL
posted by bob.san at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | AWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

EC2へPHPのインストール

httpdのインストール済み環境へ、yumにてPHPをインストールしました。

# yum install php php-pear php-mysql php-mbstring php-gd
※yumを実行することで依存関係にあるモジュールも合わせてインストールされました。

導入したモジュールは以下の内容になります。
・php PHP本体モジュール
・php-pear PHPライブラリ
・php-mysql MySQLを利用するためのライブラリ
・php-mbstring マルチバイトの文字列を操作するための関数用ライブラリ
・php-gd グラフィックの動的生成ライブラリ

では実際にどこへインストールされたか調べてみると以下のパスのようです。
/usr/lib64/php

また、yumでインストールした場合、実行モジュールがパスの通っている「/usr/bin」配下に追加されるため、そのほかの設定は必要なく完了でした。らくですね〜

では実際に接続テストです。
以下のファイルこ作成します。
/var/www/html/phpinfo.php
<?php phpinfo();?>


作成したURLへアクセスしてみます。(xxx部分はサーバのホスト名に置き換える)
http://xxx/phpinfo.php

PHP情報ページが表示されれば接続テスト完了です。
ちなみに自分はhttpdサービスを再起動しなかったため、上記コードがそのまま画面に表示されました。
同じ現象が発生した場合は、httpdを一度再起動してみてください。
ラベル:AWS ec2 PHP
posted by bob.san at 22:34| Comment(0) | AWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。