2013年04月26日

EC2へインスタンス作成後のSSH接続方法備忘録

1. AWS Management ConsoleよりEC2(t1.micro)を起動
1) 起動中にKeyPairを新規に作成(demo-key.pem)
2) 割当たセキュリティグループにSSH(TCP24番ポート)が許可されていることを確認

2.SSHツールにてインスタンスへ接続
SSHツール:TeraTerm
ホスト:1.で起動したインスタンスの[Public DNS]値
ユーザ:ec2-user
パスワード:(空欄)
RSA鍵:1.で生成したKeyPairファイル
※以前はPuTTYgenなどで接続用のキーを作成する必要があったのですが、現状はAWSからダウンロードしたKeyPairでつながるようです。

3.ROOTのパスワード変更
1) 以下のコマンドを実行してROOTユーザのパスワードを変更する。

$sudo passwd
New password:{新しいパスワードを入力}
Retype new password:{新しいパスワードを入力}



4. ROOT権限へ切替
1) 以下のコマンドを実行してROOTユーザへ変更

$sudo root
Password:{3.で指定したパスワード}



以上でEC2へ起動したサーバーへの差癖う方法です。


ラベル:AWS ec2
posted by bob.san at 00:40| Comment(0) | AWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。